QCDを満たす研磨会社セレクション » 【素材別】研磨ができる会社を探す » ガラス

ガラス

ガラスの特徴や、研磨の技術はいかに?

ガラスの主な特徴は、透明性と成形のしやすさ、化学的な安定性が主に挙げられます。透明でかつ加工がしやすいので、日用品から建材まで幅広く用いられます。また熱に強く酸や有機溶媒にも強いことから、薬品を保管する容器として需要が高いです。

主原料は珪砂ですが、この珪砂に含まれるケイ素は水晶と同じ石英の主成分。成分上は水晶に似ていますが、不純物の有無や結晶構造の違いから区別されます。

配合される成分によって性質が変わるのもガラスの特徴、ケイ素を多く配合すると「ほうけい酸ガラス」と呼ばれ、酸やアルカリによる浸食や熱に強い性質を持ちます。酸化鉛を配合すると「鉛ガラス」となり、光の屈折率が向上。光を受けてキラキラと光るので、高級食器などに用いられます。

ガラスは固い素材ですが、衝撃によって割れやすいのも特徴です。特に工業製品に使われるガラスはわずかな欠けが致命的になることも。研磨をする場合は高い技術が要求されます。

研磨を要する主なガラス製品

幅広いガラス製品に研磨は用いられますが、その中でもテンパックスと呼ばれるガラスを用いた製品や、顕微鏡・カメラなどに使用される光学レンズが主に必要とされます。

また、水垢やスケール、うろこが付着し曇ったガラスにも研磨処理は行われます。こうした汚れは水分中のミネラルの付着が原因。洗剤で落とすことはできないので、研磨によって対処する必要があります。

ガラス製品に対応できる研磨会社をご紹介

株式会社アトック

株式会社アトックは、ガラスの加工・研磨において高い技術と実績を持った会社です。加工実績においては、小惑星探査機「はやぶさ1,2」のセンサーに使用される石英ガラス板の研磨や、気象衛星の太陽電池カバーに用いられる石英ガラス薄板研磨など、高い品質を要求される研磨にも対応。

研磨技術においては、厚み8μmの「超薄型研磨加工」や、厚み公差±1μmの「高精度平行平面研磨加工」といった、微細な表面研磨が行えます。

村井電気株式会社

光学ガラス・石英ガラス・低熱膨張ガラスなど、さまざまな素材に対応ができるのが村井電気株式会社の特徴。株式会社ニットーが独自開発した両面研磨機により、高精度の薄さ、平面に仕上げてくれるでしょう。

対応できる研磨加工内容も多く、端面研磨やボール研磨、液晶パネル研磨などに対応可能です。

株式会社大正光学

株式会社大正光学では、光学レンズ・プリズムなどの光学ガラス全般を取り扱う会社です。豊富なガラス素材を加工しているノウハウを生かし、高品質のガラス研磨を行います。球面レンズ・ミラー用基板・プリズム・多面体といったさまざまな形状にも対応可能です。

新興製作所

高精密な精密加工技術を持っている企業であり、ポリシング加工の他にもスライス加工やラッピング加工を提供しています。対応しているガラスは光学ガラスやテンパックガラスなど幅広く、素材に応じて適切な工法を選んでくれるでしょう。粗さもサブミクロン単位からナノオーダーまでと自在です。

ニットー

ガラス・樹脂を得意とする研磨会社です。両面平面研磨やボール研磨、べべる研磨等様々な加工に対応。大型サイズから極小のサイズまで、製造を請け負ってくれます。ロットもかなり自由度があり、試作品用の少数のワークの加工も量産加工にも対応可能。また厚み0.05ミリの両面研磨加工や液晶パネルを0.1ミリへスリミング、表面の粗さ1Åの鏡面研磨加工など他社で断られるような加工も実施できるのはニットーの強みといえます。たとえ難しい条件の案件であっても無理と投げ出すのではなく、対応できないかどうか前向きに検討してくれるでしょう。

飯山特殊硝子

1941年よりガラス加工一筋でやってきた会社です。ガラスやセラミック、結晶体、非結晶体などの材料を医療機器や精密光学部品、測定機器、機械部品として加工しており、様々な分野の企業に製品を提供してきた実績を誇ります。ガラスを取り扱うスペシャリストとして多くの経験から、どんな要望にも応えられる体制を整備。精密なガラス加工に必要となる設備や人材、ネットワークを構築しており、材料の調達・加工・検査に至るまで一貫してサポートすることができます。

株式会社NSC

1971年に創業。大阪に本社を構え、国内では石川県や千葉県、兵庫県にも工場があります。またマレーシアや台湾、上海にも活動拠点を構えていることからは、資本力の高さとそれに伴う安心感が伺えるでしょう。ケミカル技術をベースにしたガラス表面処理を主な事業として展開しており、スマホやタブレット、パソコンなど様々な製品の影響ディスプレイにNSCの技術が取り入れられています。中小型液晶分野ケミカルスリミングで国内シェアが高く、超薄型化を実現しました。

株式会社ファインサーフェス技術

半導体の分野で用いられているガラス基板の高精密な精密研磨技術を持っており、また高精密装置の部品のブラスト処理など常に先を目指している企業です。合成石英をはじめホウケイ酸ガラス、セラミック系ガラス、ソーダライムガラス、無アルカリガラスなどの素材を自社で調達することもでき、新しい技術であるフォトマスク材の高精密研磨で磨き上げたノウハウを活かし、ニーズに合う適した品質で仕上げてくれます。表面や裏面だけでなく側面のポリッシュにも対応可能です。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら