QCDを満たす研磨会社セレクション » 【素材別】研磨ができる会社を探す » マグネシウム

マグネシウム

マグネシウムの特徴は?

マグネシウム(Mg)は、工業的にも生理学的にも重要な金属元素であり、マグネシウムを活用した素材や製品は世界中の至る所で活用されています。

マグネシウム合金は建築資材や工業用部品などに使える実用金属として比重が最軽量(1.7g/cm³)の素材で、一般的に軽量とされるアルミニウム(2.7g/cm³)やチタン(4.5g/cm³)よりも明らかに軽い点が特徴です。また、その上で比強度や比剛性、耐くぼみ性といった性能がアルミニウムや鉄/鋼よりも高く、さらに実用金属の中で最大の振動吸収性を有するなど、マグネシウムの金属特性におけるメリットは非常に多いという点も見逃せません。

切削性に優れているので切削加工をしやすく、リサイクルもしやすいため、小さな部品から大型製品にまで色々な分野で活用されています。

その他、温度や時間の影響による寸法変化が少ないことから、建築資材としても人気であることが重要です。

しかしその一方で、マグネシウムの加工には火災や爆発といったリスクもあり、研磨に関しても取り扱える業者が限られていることが課題です。

マグネシウム研磨における危険性

マグネシウムは塊として存在している場合、火気に触れたからといって即座に燃えたり爆発したりといった心配はありません。そのため、精密性や安全性を求められる業界や製品にも使われており、その有用性は高いといえます。

反面、マグネシウムを切削したり研磨したりして金属粉が発生した場合、マグネシウム粉に火気が触れれば一気に燃え広がったり爆発したりといった危険性が増大します。そのため、総務省消防庁でもマグネシウムのような金属の切削屑や金属粉に関して注意喚起を行っており、マグネシウム研磨を委託する場合は加工業者の信頼性や安全性が重要になることも特徴です。

研磨を要する主なマグネシウム製品

マグネシウムは、アルミニウムや亜鉛などと合わせた合成金属として素材活用され、宇治同社や航空機の部品、パソコンやタブレットなどの電子機器、杖や車イスといった介護機器、その他にも日用雑貨とあらゆる業界・分野における開発が進んでいます。

マグネシウムの建築資材としての有用性

現代では発火リスクを解決した難燃性マグネシウム合金が開発され、アルミニウム合金などと組み合わせることで次世代軽金属としての活用法が検討されています。

建築分野でもマグネシウム建材の需要は高まっており、優れた振動吸収性や軽量性を有することから、地震発生時の崩落事故を防ぐ金具や部品、壁材などに応用されていることもポイントです。

マグネシウム製品に対応できる研磨会社をご紹介

マグネシウム製品に対応、ISO9001認定を取得している研磨会社を紹介しています。(2021年8月調査時点)
※情報参照元:新興製作所(http://www.sinko-fh.co.jp/company/

新興製作所

水晶バルクの遊離砥粒切断からスタートし、現在はダイヤモンドワイヤーを用いたスライス加工や高精度のラッピング加工、ポリシング加工を行う新興製作所。ダイヤモンドワイヤーを用いた加工技術は、2009年の開始以来徐々に技術力を高めていき、ワイヤー径を当時の半分のサイズにまで低減することを実現。加工が難しいとされるサファイアや各種セラミック、さまざまな金属材料を超精密に切断・加工することを得意としています。
その技術力を生かしたポリシング加工では、希望の粗さまで微調整が可能。サブミクロンからナノオーダーに至るまで、あらゆる要望に対応してくれます。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら