QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨様式の種類を解説

研磨様式の種類を解説

研磨

日本の研磨技術は国際的にもレベルが高く、優秀な業者もたくさんありますが、その前に抑えておくべきポイントがあります。それは一口に研磨処理といっても、さまざまな様式があるということです。ここでは各研磨様式の概要を解説いたします。

バレル研磨とは

バレル研磨とは、バレル研磨機を用いて機械的に加工処理する研磨様式の一種です。バレル容器の中に、水、ワーク、メディア、コンパウンドを入れ、回転させたり振動を与えながら各物質の相対運動により研磨します。研磨方法の違いにより、流動式、遠心式、振動式、回転式などの種類があり、それぞれに特性が異なります。いずれであっても、バレル研磨はバリ取りや平滑仕上げなど、製造工程の仕上げを一括処理できるのがメリットです。

バフ研磨とは

バフ研磨とは、バフと呼ばれる素材を用いて行われる研磨方法の一つです。綿やフェルトを素材とするバフを円形の回転モーター機に取り付け、対象物表面に回転させながら押し当てて研磨します。対象物表面の凸凹を減らし、抵抗、摩擦を少なくして平滑化できます。さらに加工時についたバリや傷を除去したり、光の乱反射を抑える効果も期待できます。

電解研磨研磨とは

電解研磨とは、工作物表面を電気化学的に処理する研磨方法のことです。電解液を介して対象物にプラスの電気を流し、表面の金属分を溶解させていくことで研磨加工します。物理的な力を与えないのが特徴で、砥粒や油分など不純物を除去することができ、余分な残留を排除できるのがメリットです。また表面に耐食性を持たせて、長寿命化できます。

化学研磨とは

化学研磨とは、研磨用の特殊な化学薬品を用いて行う表面化加工処理技術です。対象物を化学研磨液に浸し、熱したうえで化学反応を起こし表面を溶解させながら研磨します。機械研磨では難しい形状の工作物表面のバリ取り、キズ取り、凸凹除去、光沢研磨を行うことができ、機械や電気を使わない様式のため、ローコストで大量に処理できるのも魅力です。

磁気研磨とは

磁気研磨とは、加工力として磁気力を用いた研磨様式の一種です。磁力線の物体透過現象を応用し、磁性を帯びた砥粒を対象物表面に押し当てて研磨します。円管内面など視認できない箇所、機具が届かない箇所も精密研磨でき、凸凹面の平滑化、曲面の仕上げ、バリ取り、エッジ仕上げ、めっきの前処理、洗浄効果など、複合的な効果が得られます。

ラップ研磨とは

ラップ研磨とは、工作物の最終工程で用いられるポピュラーな表面処理技術です。鏡面研磨、ラッピング加工とも呼ばれ、ラップ盤を使用して対象物のワークと研磨材を挟み込み、切込みの深さや圧力を調整しながら研磨します。一般的な砥石加工より仕上がりが高精度であり、長寿命化と溶着防止効果も得られることから、精密部品や光学部品など様々な産業分野で用いられています。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら