QCDを満たす研磨会社セレクション » 【部品別】研磨ができる会社を探す

【部品別】研磨ができる会社を探す

自動車部品や医療機器、部品ごとに研磨会社をご紹介!

本カテゴリーでは、研磨を依頼する部品の種類別に、それぞれの特色や、対応できる研磨会社をリストアップしてご紹介しています。

自動車部品

研磨が必要となるのは摺動部品や回転部品、そしてオイルを循環させる経路に用いられる部品などが挙げられます。一例としてベアリング、シム、クランクシャフト、フライホイールなど。またバンパーやマフラーなど外観に関わる部品も然りです。

バイク部品

摺動部品や回転部品、オイルライン関連部品などは自動車部品と同様。その上で、マフラー全体、フロントフォーク、スイングアーム、エンジンカバー類といった、外観デザインに関わる部品の研磨ニーズが、より高くなります。

タービンブレード

発電所で用いられる蒸気タービンやガスタービン、水力用のタービン、さらには航空機のジェットエンジンのタービンブレードなどが挙げられます。いずれも研磨には高い精度が求められます。

ロボット部品

産業用ロボット全体の約70%を占める「垂直関節型」を筆頭に、水平方向の移動が速い「水平関節型」、水平上下でピックアンドプレースを行える「パラレルリンク型」、最もシンプルな「直交型」があります。

半導体

基本材料であるシリコンの研磨には、素材の硬さや精密度の高さに応じた、高い技術力が必要。業者選びの際は、技術力や設備の有無、これまでの実績などを考慮することが不可欠です。

ボルト

ボルト類のなかでも、研磨を必要とされるのは高い強度や精度が求められる特殊なボルトです。実は研磨会社のなかでも、対応しているところはそう多くないため、貴重な存在と言えます。

スクリュー

船舶や船外機のスクリューはもとより、射出成形機や食品加工工場の機器など、様々な種類があります。いずれもスムーズな作動のために、部品の研磨は重要な役割を果たしています。

金型

鋳造で製造される商品にとって、金型はその出来栄えや見栄えを大きく左右。それゆえに研磨には、高い技術が求められ、その業者の実績や所有する機器、研磨方法などをしっかり確認すべきです。

製造機器や工作機械などの刃の切れ味が低下すると、生産効率や品質のダウンといったことに直結してきます。切れ味が長持ちする品質を実現している研磨業者への依頼が賢明です。

航空部品

ジェットエンジンのタービンブレードやタービンノズル。プロペラ機であればプロペラとその関連部品。さらには着陸・離陸の際に不可欠な車輪と支柱の降着装置などが代表格として挙げられます。

食品機器

食品工場の各種配管や生産ラインの架台、原料の貯蔵タンク、攪拌機器などが代表格。また金属製や樹脂製の調理器具、食器などにも研磨のニーズがあります。

医療機器

医療用ハサミや鉗子(かんし)、ピンセット類などの金属製品に加え、近年では内視鏡などの精密機器部品、薬剤注入装置など樹脂製の医療機器にも研磨のニーズが寄せられています。

楽器

数多くの種類が存在する楽器。今回はその中でも金管楽器とピアノの研磨について解説しています。銀メッキやラッカー仕上げなど、元々の表面加工の種類によって磨き方は異なります。研磨が難しい場合はプロの研磨会社に依頼しましょう。

時計

時間を計るためだけでなく、ファッションアイテムとしての意味合いもかねる腕時計。しかし普段から身に付けていると、知らない間に傷や錆が現れてしまいます。そこで、自力でできる研磨の方法や、研磨を行うための道具についてご紹介。自分で対応するのが難しい人のため、研磨を行う専門の業者についても調べました。

自転車

通学や通勤の足のため、さらにはスポーツのため多くの人に愛される自転車。しかし長く使用し続ければ、表面に気になる傷やサビなども現れてしまいます。傷やサビへの対処法として挙げられるのが研磨。そこで個人でできる研磨方法について調査してみました。また、自力での対処が難しいという人には、自転車の研磨に対応できる業者の情報をお伝えしています。

レンズ

カメラや望遠鏡・顕微鏡・光ファイバーなど、さまざまな製品に使用されるレンズ。レンズ研磨の技術次第で製品の品質が大きく変わるので、依頼する場合高い技術を持つ業者を選ばなければなりません。そこで、レンズ研磨を専門に扱う業者を調査。4社を厳選してご紹介します。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら