QCDを満たす研磨会社セレクション » 【部品別】研磨ができる会社を探す » ボルト

ボルト

本ページではボルトの研磨について取り上げ、特徴や依頼できる研磨会社などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

ボルトに対応する
おすすめ研磨会社

三陽工業

オートバイ大手のカワサキや発電用ガスタービンなど、研磨の実績は群を抜きます。「液体状のものでなければ、どんな材質の研磨も引き受ける」ことをモットーとしており、名だたる大企業からものづくりベンチャーまで、多種多彩な実績を誇っています。

対応領域:10

ボルト、自動車部品、バイク部品、タービンブレード、半導体、ロボット部品、医療機器、航空機器、食品機器部品、金型

公式HPで研磨の事例を見る

良い研磨会社の見極め方は?

研磨会社全般に言えるのは、どの会社も得意・不得意、専門・専門外があること。たとえば、平面研磨の設備で運営していれば、筒状や複雑な形状の研磨はできません。それなりの精度を求められる平面研磨は対応できない会社が大半で、製品の形状によって会社を選ぶことが基本です。
会社によっては公式HPに保有設備を公開していることが多いので、それらを参考にして依頼先を絞るのも有効な手段の一つでしょう。

素材表面の状態によっても工数(作業時間)が異なり、製品によっては図面だけでは金額を出しにくいこともしばしば。実際に対象製品を確認してもらってから話を進める方が無難です。

納期について言えば、依頼主の納期相談に耳を傾けず一方的に納期を決めてしまう会社は避けたほうがベター。納期の相談ができないと、品質に関しての追加や変更にも対応してくれない場合があるからです。
お客様の立場に立って研磨を考えない会社に、良い仕事はできないでしょう。

研磨を必要とするのは、
どんな用途のボルトなのか?

あえてご説明するまでもありませんが、ボルト(ねじ)というものは、それこそありとあらゆる製品に用いられています。身近な物で言えば電化製品やパソコン、スマートフォン、家具類。自動車、オートバイ、自転車。さらには公共交通手段である電車やバス、飛行機、船舶。高層ビルや大規模商業施設などの建築物、河川や海上に架かる橋梁に至るまで。それこそ挙げていけばキリがありません。

そんなボルト類のなかでも、研磨を必要とされるのはズバリ、高い強度や精度が求められる特殊なボルトです。自動車、オートバイ、自転車、電車やバス、飛行機、船舶などの乗り物はその筆頭。高層ビルや大規模商業施設、橋梁なども然り。ひとつ間違えば、人命に関わるというようなものには、一般人がホームセンターなどで購入できる汎用品ではなく、高強度、高精度のものが求められるのです。ボルトの研磨は、それを実現する手法です。

そんなボルト研磨ですが、実は研磨会社のなかでも、対応しているところはそう多くありません。多くの場合、ボルトを製作するメーカーが、製造工程のなかで研磨も自社あるいは下請け業者で行なうというケースが多いためです。逆に言えば、既存のボルトを研磨加工したいという場合、対応してくれる業者はまさに貴重な存在と言ってよいでしょう。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら