QCDを満たす研磨会社セレクション » 【部品別】研磨ができる会社を探す » 金型

金型

本ページでは半導体の研磨について取り上げ、特徴や依頼できる研磨会社などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

金型に対応する
おすすめの研磨会社

おすすめ研磨会社の詳細

三陽工業

最中金型の仕上げ研磨の実績を持つ三陽工業。川崎重工業や日産自動車など大手の取引先も年々増えていっています。

対応領域:10

金型、自動車部品、バイク部品、タービンブレード、ロボット部品、半導体、医療機器、航空機器、食品機器部品、刃

KANO PRECISION

ステンレスやチタン部品の研磨に自信を持つKANO PRECISION。5営業日以内の納品やクロネコ便納品などを行なっています。

対応領域:4

金型、バイク部品、自動車部品、刃

超精密大明

「あらゆる制度をカタチにする」をモットーに掲げる超精密大明は、サイズ、形状、材質を問わない研磨を行なっています。金型は、これまでに対応した主要製品のなかのひとつです。

対応領域:5

自動車部品、半導体、医療機器、航空機器、金型

金型に対応する
その他の研磨会社

小林研磨工業

自動車部品などに使われるプラスチック金型や鋳造金型の研磨実績がある小林研磨工業。アクリル、セラミックス、ゴム素材の研磨にも柔軟に対応。

加藤研磨製作所

加藤研磨製作所が自信を持っているのは、50年以上にわたって築き上げた研磨加工技術。設備もそれに見合った充実のラインナップです。

栄進工業所

ステンレス研磨加工をメインに行なう栄進工業所。希望に合わせて、出張研磨サービスを行なっています。

良い研磨会社の見極め方は?

研磨会社全般に言えるのは、どの会社も得意・不得意、専門・専門外があること。例えば、平面研磨の設備で運営していれば、筒状や複雑な形状の研磨はできません。それなりの精度を求められる平面研磨は対応できない会社が大半で、製品の形状によって会社を選ぶことが基本です。
会社によっては公式HPに保有設備を公開していることが多いので、それらを参考にして依頼先を絞るのも有効な手段のひとつでしょう。

素材表面の状態によっても工数(作業時間)が異なり、製品によっては図面だけでは金額を出しにくいこともしばしば。実際に対象製品を確認してもらってから話を進める方が無難です。

納期について言えば、依頼主の納期相談に耳を傾けず一方的に納期を決めてしまう会社は避けたほうがベター。納期の相談ができないと、品質に関しての追加や変更にも対応してくれない場合があるからです。
お客様の立場に立って研磨を考えない会社に、良い仕事はできないでしょう。

金型研磨の品質は、
製品の見栄えを大きく左右

製造業の方にはいささか釈迦に説法ですが、プラスチック類やゴム類、さらには金属も含め、鋳造で製造される商品にとって、金型はその出来栄えや見栄えを大きく左右します。また成形面はもちろんのこと、外枠部分の精度が不十分では、余計なバリ取りなどの作業が増え、生産効率の低下も招いてしまいます。

それゆえに、金型の研磨には、高い技術が求められます。例えば製品の角の丸みをどの程度の精度で研磨できるのか、金型の凹凸に対応できる研磨機器を有しているのか。あるいは研磨をすべて手作業で行なうのか。そうした要素を鑑みながら、最適な業者選びをすることが重要になってきます。

金型研磨の料金相場

金型に限らずあらゆる部材で言えることですが、研磨の料金はそれこそピンからキリまで。依頼する業者によっても、金型の形状や材質によっても、さらにはどの位の精度を望むかによっても変わってきます。

例えば「抜き金型を低価格で研磨」とアピールしている業者では、1つあたり1,000円~4,000円という金額を提示しています。ただしこれは、あくまでこの業者の抜き金型の場合の一例です。繰り返しになりますが、金型研磨の料金相場は、あってないようなもの。重要なのは、その業者の研磨の仕上がりが、その料金に見合うかどうかです。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら