QCDを満たす研磨会社セレクション » 【部品別】研磨ができる会社を探す » 半導体

半導体

本ページでは半導体の研磨について取り上げ、特徴や依頼できる研磨会社などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

半導体に対応する
おすすめ研磨会社

おすすめ研磨会社の詳細

三陽工業

三陽工業は金属表面をきれいにするバフ研磨を主に扱っており、そのクオリティーは日本屈指とも言われています。翌日納品にも対応。

対応領域:10

半導体、自動車部品、バイク部品、タービンブレード、ロボット部品、医療機器、航空機器、食品機器部品、金型、刃

大堀研磨工業

ISO9001を取得している大堀研磨工業所は、半導体の研磨実績が豊富。鉄、ステンレス、超硬合金に対応しています。

対応領域:5

半導体、自動車部品、ロボット部品、医療機器、航空機器

超精密大明

液晶・半導体などの精密装置部品(静電チャック、吸着テーブル、マグネットテーブルなど)の実績を誇る超精密大明。あらゆるサイズの研磨が可能だそうです。

対応領域:5

半導体、自動車部品、医療機器、航空機器、金型

半導体に対応する
その他の研磨会社

東洋ステンレス研磨工業

「mako」というブランド名で「美しい金属」を実現すると訴求。第5回「ものづくり日本」大賞 優秀賞の受賞歴もあり。

東京ステンレス研磨興業

その名のとおり、ステンレスのさまざまな研磨に対応。EGR研磨やナノテク研磨など、独自の研磨法を実践しています。

日興研磨工業所

研磨部門と機械加工部門に分かれており、研磨は内面鏡面、外面、電解、バフ、大物、鋳物に対応。半導体はバルブ・継ぎ手・ポンプの研磨実績を持っています。

加藤研磨製作所

1954年に設立された加藤研磨製作所は、当初は研削加工及び自動車部品製造がメイン。半導体製造装置向け部品の製造も行なっています。

良い研磨会社の見極め方は?

研磨会社全般に言えるのは、どの会社も得意・不得意、専門・専門外があること。たとえば、平面研磨の設備で運営していれば、筒状や複雑な形状の研磨はできません。それなりの精度を求められる平面研磨は対応できない会社が大半で、製品の形状によって会社を選ぶことが基本です。
会社によっては公式HPに保有設備を公開していることが多いので、それらを参考にして依頼先を絞るのも有効な手段の一つでしょう。

素材表面の状態によっても工数(作業時間)が異なり、製品によっては図面だけでは金額を出しにくいこともしばしば。実際に対象製品を確認してもらってから話を進める方が無難です。

納期について言えば、依頼主の納期相談に耳を傾けず一方的に納期を決めてしまう会社は避けたほうがベター。納期の相談ができないと、品質に関しての追加や変更にも対応してくれない場合があるからです。
お客様の立場に立って研磨を考えない会社に、良い仕事はできないでしょう。

難易度が高く、技術力を要する
半導体研磨

そもそも研磨という作業には技術や精密性が必要ですが、半導体の基本材料であるシリコンの研磨は、それらが際立って高く求められます。ご存知のとおり、電子機器やIT機器はハイスピードで進化しており、それに応じて、半導体もnmやμmの精度が求められています。またシリコンの単結晶というものはビッカース硬さで1000を超える程硬く、その点でも難易度が高いのです。

半導体の研磨を依頼する際は、そうした点をしっかり踏まえた上で、依頼する業者の技術力や設備の有無、これまでの実績などを考慮した会社選びが必須です。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら