QCDを満たす研磨会社セレクション » 【部品別】研磨ができる会社を探す » タービンブレード

タービンブレード

本ページではタービンブレードの研磨について取り上げ、特徴や依頼できる研磨会社などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

タービンブレードに
対応する研磨会社

三陽工業

三陽工業は、発電用のガスタービンや蒸気タービン、圧縮機の部品研磨仕上げまで対応できる研磨会社です。熟練の技術が求められる研磨を、迅速かつ高水準に仕上げてくれると評判です。たとえば主にステンレスの表面を研磨する手法として知られる「バフ研磨」では、荒仕上から鏡面仕上げまで対応。ステンレスはもちろん、鉄やアルミなどさまざまな種類の金属を美しく研磨します。加えて、知識・経験ともに豊富な職人が多数在籍しているのもポイント。顧客の依頼や使用用途に合わせて、高品質な品を提供してくれます。

対応領域:10

タービンブレード、自動車部品、バイク部品、ロボット部品、半導体、医療機器、航空機器、食品機器部品、金型、刃

公式HPで研磨の事例を見る

小林研磨工業

小林研磨工業は、1927年創業の老舗研磨会社です。経験豊富な職人が手作業で研磨してくれるのが大きな魅力。ステンレス製の特殊バサミや自動機械部品のほか、発電所設備のタービンブレードの研磨加工実績があります。複雑な形状をした品物の依頼も積極的に受けており、短納期・ローコストをモットーに、金属やステンレス、樹脂などさまざまな材質の研磨に対応してくれますよ。他社で断られた部品であっても、積極的に依頼を受けてくれるのも魅力です。

対応領域:3

タービンブレード、航空機器、刃

公式HPで研磨の事例を見る

田中化工機工業株式会社

田中化工機工業株式会社は、機械部品の研磨や溶接を得意とする研磨会社です。およそ40年にわたりタービンブレードの研磨作業を手掛けており、長い歴史を持っています。複雑な形状の部品を、研削機械加工と職人の手作業で美しく研磨。職人の育成やスキルアップ、技術の継承を重視しているのも特徴です。技術力を高めることにより、さらに多くのニーズに応えようと努めています。研磨作業以外にも、航空機部品の組み立てや各種熱処理などを行なっています。

対応領域:1

タービンブレード

公式HPで研磨の事例を見る

タービンブレードにおける
研磨会社の選び方

表面研磨による外観的品質が目的ではなく、立体的(3D)に研磨を行ない、図面指示どおりの形状にするのが目的。求められる研磨技術は100分の1ミリ(0.01ミリ)単位と言われ、3次元計測をしながらの研磨は極めて高い難易度を求められます。タービンブレード研磨に対する会社の判断基準は、研磨技術以外に品質や不適合に対しての意識がズバ抜けて高いレベルであることが必須です。

研磨を必要とする
タービンブレードの種類

タービンブレードの用途として一番多いのは、なんといっても発電用のタービンです。たとえば火力発電所などで用いられる蒸気タービンでは、ボイラーで水を加熱し、高温高圧の蒸気としてタービンブレードに吹き付けることで、発電を行なっています。
また、蒸気の代わりに高温・高圧の燃焼ガスでタービンを回転させるガスタービンブレードもあります。水の落差で発電を行なう水力発電では、水力用のタービンブレードが用いられており、ジェット機のエンジン前方には、空気をエンジン内に取り込むためのタービンブレードが備わっています。

そもそもタービンブレードとは

ものすごく簡単に例えると、タービンブレードとは、水車や風車の羽と同じ約割を果たすものです。前述したとおり、各種発電所は、タービンを回すことによって、電気を生み出しています。高温高圧の蒸気や燃焼ガス、あるいは勢いのなる水流や空気抵抗などの力によって回転軸を回し、動力に変換させる。そのしくみを、巨大な規模で行なっているのです。
そうした一連の働きにおいて、もっとも効率性の高い効果を発揮するために、タービンブレードに研磨を行ない最適化を図っているのです。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら