研磨会社三選へのリンクバナー
高い技術力・対応力・品質を備えた研磨会社セレクション » 研磨を依頼する際の基礎知識 » 研磨加工の歴史

研磨加工の歴史

本ページでは、研磨加工の歴史について解説します。研磨加工がどのように始まり発展し、現在に至るのか、ぜひチェックしてみてください。

研磨加工の始まり

研磨加工が始まったのは今からおよそ1万年前、新石器時代です。それ以前の旧石器時代では、石同士を打ち砕き鋭くした石器を使用していました。 新石器時代には打製石器に石や砂利をこすりつけて表面を滑らかにし、より鋭利に加工した磨製石器が使われるようになったとされています。

研磨加工の発展

研磨加工は時代の流れに合わせて発展していきます。

1900~1925年頃

1900~1925年頃は研磨加工の黎明期ともいえます。古くからの研磨法に西欧の新たなガラスレンズの研磨方法が加わりました。この時代は欧米で学問分野の中で工学の重要性の認識が高まってきており、研磨加工に対しても大きく関心が寄せられていました。 ラッピングとポリシングの違いが明確になり、ポリシングで仕上がった鏡面の様々なレベルと加工メカニズムに関して研究者の間で物議を醸すこともあったようです。

金属材料の鏡面仕上げや寸法・形状精度仕上げ、ブロック同士の密着などは、表面の凹凸の平滑化という点において研磨加工と摩擦・摩耗の共通性が注目されました。また加工表面の状態に関し、ポリシングを行った表面と内部で材質が異なることがBeilbyにより見出されたのもこの時期です。 現在のBeilby層や加工変質性の概念に結び付く発見となりました。

1926~1950年頃

1926~1950年頃は研磨加工の成長期です。高度な兵器用光学部品の国内生産に応えるために、研磨技術の高度化が進められました。 高度の光学レンズやプリズム製作では、鏡面仕上げにピッチポリシングを適用するのが普通でした。しかし扱いの難しいピッチポリシャを使いこなすには熟練の技術が必要です。

一方、ラッピング・ポリシングで用いる研磨剤の砥粒には、様々なものが利用されるようになりました。光学ポリシングでは、より研磨能率が高いCeO2砥粒が利用されるようになったのです。 研磨加工の成長に合わせて、この頃にようやく研磨加工の技術書が出版されるようになりました。

超仕上げやホーニングなどの研磨方法は、1934年に米国で輸送中の自転車エンジンのシリンダ内面がピストンとの摩擦により鏡面になったことがヒントとなり生まれたものです。電解研磨や化学研磨は、金属組織の検鏡試料作製に用いられたとされています。

1951~1975年頃

1951~1975年頃は研磨加工の展開期といえます。研削加工や研磨加工を対象とする砥粒化工学会は、砥粒加工研究会として1956年に設立されました。

1960年代前半には超精密加工という技術用語が使用され、原子や分子単位の精度を問題にする加工に取り組んでいたとされています。この時期に数多くの超精密研磨法が提案されました。

研磨加工の現在

研磨加工技術は各種部品の高性能化・高機能化に応えるべく、進展し続けています。研磨加工に対して厳しい要求がされるようになったため、デバイス分野や材料分野との密接な連携、さらに精密洗浄や計測制御といった加工周辺技術との結びつきが発展に必要不可欠な時代に到達したといえるでしょう。

Recommended
技術力・対応力・品質に優れた研磨加工会社3選
       

技術力・対応力のある研磨加工会社を見極めるために、当サイトでは「研磨会社」とGoogle検索してヒットした研磨加工会社42社(2023年8月21日調査時点)の中から、研磨に関する特許を取得しており、主要取引先を明示していることで品質や対応力に信頼性があると判断した3社を選出しています。

チタン研磨に自信!
バフ研磨と電解研磨を得意とする
三和産業
三和産業の公式サイト画面

引用元:三和産業公式HP https://www.sanwa21.co.jp/

技術力

42社中でもっとも多くの電解研磨に関する特許を持ち、電解研磨に関する知見が豊富。

対応力
  • 物理研磨と電解研磨に対応。
  • 研磨に精通した技術営業員が常駐し、事前相談が可能。
  • 表面分析を行う生産技術員が品質を担保。アフターケア体制を整えている。
創業

100年以上(創業1918年)

対応可能な研磨
  • バフ研磨
  • バレル研磨
  • 化学機械研磨
  • 電解研磨
  • 電解複合研磨
  • バレル電解研磨
  • 化学研磨
  • 出張研磨
主要取引先

日立製作所、日立ハイテク、日立プラントメカニクス、日立ハイテクマニファクチャ&サービス、日立交通テクノロジー、トクヤマ、トーステ、帝人

対応領域

半導体関係装置(精密部品/真空チャンバー)、医薬・化学・食品製造装置(サニタリー類/継手/タンク/熱交)、粉体装置半導体関係装置(精密部品/真空チャンバー)、医薬・化学・食品製造装置(サニタリー類/継手/タンク/熱交)、粉体装置

三和産業に
研磨加工の費用や納期
について問い合わせる
(公式サイトへ)

電話で問い合わせる
0833-41-3076(代)

三和産業を
もっと詳しく知りたい

研磨資材も開発援助!
ガラス材の精密加工に精通した
斉藤光学製作所
斉藤光学製作所の公式サイト画面

引用元:斉藤光学製作所公式HP https://saito-os.com/

技術力

42社中、唯一加工が困難な100㎛以下の薄片基板やΦ5㎜以下の小径なガラス基板の研磨加工も可能。

対応力
  • 硝材の調達から成形、研磨、洗浄、検査まで一貫して対応。
  • 知見を生かし、研磨副資材などの開発援助も可能。
  • 研磨副資材の受託評価、分析も可能。
創業

40年以上(創業1977年)

対応可能な研磨
  • バフ研磨
  • バレル研磨
  • 化学機械研磨
  • 電解研磨
  • 電解複合研磨
  • バレル電解研磨
  • 化学研磨
  • 出張研磨
主要取引先

山寿セラミックス、AGCエレクトロニクス、オプトネクサス、住鉱国富電子、ファインクリスタルいわき

対応領域

測量器用ガラス、石英研磨基板、光学用セル、100μmガラス基板など

斉藤光学製作所に
研磨加工の費用や納期
について問い合わせる
(公式サイトへ)

電話で問い合わせる
0187-85-3300

斉藤光学製作所を
もっと詳しく知りたい

微細部品にも対応!
電解研磨や化学研磨の知見を持つ
中野科学
中野科学の公式サイト画面

引用元:中野科学公式HP https://www.nakano-acl.co.jp/

技術力

42社中、唯一微細部品のバレル電解研磨ができる。電解研磨、酸洗い、酸化発色、陽極酸化、化学研磨、電解複合研磨などの表面処理に対応可能。

対応力
  • 工程管理システムを用い、迅速で的確な見積回答、納期回答などができる体制を構築。
  • ISO9001を取得し、品質管理を徹底。
  • 各種測定機器を用いた品質検査が可能。
創業

60年以上(創業1956年)

対応可能な研磨
  • バフ研磨
  • バレル研磨
  • 化学機械研磨
  • 電解研磨
  • 電解複合研磨
  • バレル電解研磨
  • 化学研磨
  • 出張研磨
主要取引先

IHI、味の素、アドバンテスト、アマノ、アルプス電気、宇部興産、大塚ホールディングス、オリンパス、京セラ、クラレ、栗田工業、コニカミノルタ

対応領域

ノズル、エルボ、ブッシング、フレーム、スクリーン、ベアリング押さえ、アーム、金型、バルブ、パイプ、マニホールド、フランジなど

中野科学に
研磨加工の費用や納期
について問い合わせる
(公式サイトへ)

電話で問い合わせる
0256-62-2548

中野科学を
もっと詳しく知りたい