QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨を依頼する際の基礎知識 » 研磨加工の工具と装置

研磨加工の工具と装置

本ページでは研磨加工の工具や装置について、特徴や用途などを詳しく解説します。研磨作業の依頼を検討している方はぜひ参考にしてください。

研磨加工の工具

研磨加工の工具はラップとポリシャの2種類あります。ここでは各工具の特徴・用途を解説しましょう。

ラップ

ラップはラッピング用工具です。ラッピングとは、研磨剤を含む状態ですり合わせを行い、加工物を微小切削しながら研磨する加工方法のこと。ラップには高い寸法精度・形状精度が求められます。 要求される特性は以下の通り。

ラップ材料は金属(鋳鉄や鋼、工具鋼)や非金属(ガラス、セラミックス)などです。一般材料のラッピングやダイヤモンドのポリシング、化合物半導体材料のラッピングなどに適用されます。鋳鉄は摩耗しにくく砥粒保持能力が高いため、安定した加工性能を持続できる特徴があります。

ラップ表面には幅・深さ1~2mmほどの溝を、10~20mmピッチで付けて用いるのが一般的です。この溝が砥粒だまりとなるだけでなく、切りくずの排出溝としての役割も持ちます。溝は格子状、らせん状、放射状などの計上があります。

ポリシャ

ポリシャはポリシング用工具です。ポリシングとは、ラッピング加工された面を滑らかに仕上げる鏡面研磨法のこと。必要に応じ、加工変質層を除去します。ポリシャの要求特性は次の通りです。

ワークを傷つけやすい素材は避けて、軟質で弾みやすい素材を用いるのが一般的です。

研磨加工の装置

研磨加工の装置の例を3つご紹介します。

ブラワ式ブラスト研磨装置

コンプレッサーに比べて電気代を削減しやすい研磨装置です。三相200Vさえあればすぐに使用でき、インバーター制御により噴射風速の設定が自在になります。

負荷吸引式ブラスト研磨装置

負荷をブロワで生み出すことによって、メディアを吸引し細管内面の研磨を行う装置です。吸引と旋回流により、粉塵の出ないブラスト加工を実現します。

テープ研磨装置

精密研磨フィルムを利用した研磨装置です。砥石研削に比べて管理が楽で、条件を決めれば誰でも同じ仕上がりにできます。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら