QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨様式の種類を解説 » 内面研磨とは

内面研磨とは

ワークの内側を研磨する内面研磨。このページでは、内面研磨の特徴について紹介しています。

また、内面研磨における2種類の加工方法「普通型」と「プラネタリ型」についても紹介。内面研磨を行うときに知っておきたいポイント「砥石の剛性」についてもまとめました。

内面研磨とは

ワークの穴の内側に研磨を施す方法です。「内研」と呼ばれることもあります。

金属加工においては、穴の内面における面精度の高さが重要なポイントになる場合が多くあります。例えば、動く部品が穴に差し込まれるような構造の製品や機械の場合、穴の内面の精度が低いと、摩擦が強くなってしまう可能性があります。そして、摩擦が強い状態が続けば、その部分の寿命を短くしてしまうことにもつながるのです。

ワークや部品の役割を充分に果たすため、またそれらの寿命を長く保つためにも、内面研磨による加工が重要になります。

内面研磨による2つの加工方法

内面研磨の方法は「普通型」と「プラネタリ型」の2つに分かれます。それぞれの特徴は次のとおりです。

普通型

普通型では、主軸側に固定させたワークを回転させ、そこに高速回転している砥石を当てて加工を行っていきます。砥石はワークの軸方向に往復移動させます。

プラネタリ型

ワークは固定しておき、砥石を回転させながら、かつ遊星運動を与えて加工を行っていく方法です。ワークの穴の内周方向に、円を描くように回転運動している砥石を当てていきます。

ワークの形が異形状であるため、普通型では固定することが難しい場合や、ワークが大型という場合でも研磨をかけやすいことがプラネタリ型のメリットだと言えるでしょう。

内面研磨においては砥石軸の剛性が重要

剛性とは、砥石や砥石軸に対して「ねじる」「まげる」などの力が加えられても、それによる変形が起こりにくい性質のことです。

内面研磨は、自動車部品をはじめとするさまざまなパーツや製品に用いる加工法で、有用性が高く便利な研磨方法だと言えます。

ただし、砥石や砥石軸の剛性は、仕上がりの精度に大きく影響する要素になるため、加工を行う際は常に留意しておく必要があります。

砥石軸の剛性について

内面研磨を行うとき、ワークの穴に部品を差し込む必要があるため、砥石軸の形状は一定の長さがあることが一般的です。

また、小さいサイズに合わせる場合は細くなってしまいます。このような形状になっているため、どうしても剛性は低下してしまう傾向にあります。

砥石自体の剛性について

内面研磨の加工方法の性質上、砥石はワークの穴径よりも小さい必要があります。そのため、研削盤の砥石と比較すると摩耗の度合いが激しくなるため、砥石の表面のコンディションのチェックが大切です。摩耗しきった砥石を使い続けていると、ワークの表面にうねりが生じ、仕上がりの精度も下がってしまいます。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら