QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨を依頼する際の基礎知識 » 研磨によるきず送りマークの原因と対策

研磨によるきず送りマークの原因と対策

本ページでは研磨作業の依頼を考えている方に向けて、研磨によるきず送りマークの原因と対策を解説します。

研磨によるきず送りマークとは?

製品のメッキ施工後のロール仕上げ加工において、グラインダー研磨の品質課題としてきず送りマークの発生があります。きず送りマークは、グラインダー研磨条件のワーク回転数や砥石回転数、送り速度などの各種条件を組み合わせてコントロールします。 きず送りマークは次の通りです。

きず送りマークの原因

きず送りマークの原因を解説します。

孤立した深いきず

孤立した深いきずの原因は5つあります。

不規則なきず

不規則なきずの原因は研削液の不適当またはごみです。

市松模様

市松模様の原因は研削作業の不適当です。

研粒のきず

研粒のきずの原因は結合度の柔らかすぎや研粒の粗すぎ、ドレッシング不適当などです。

細かいネジ状のマーク

細かいネジ状のマークの原因はドレッシング不適当または研削作業の不適当です。

ネジ状の送りマーク

ネジ状の送りマークの原因は4つあります。

きず送りマークの対策

各きず送りマークの対策を解説します。

孤立した深いきず

孤立した深いきずの原因ごとの対策方法は次の通りです。

不規則なきず

研削液の不適当が原因の場合はタンクや砥石カバーの内側を中心に、ろ過装置関係の点検を行い対策します。ごみが原因の場合は集塵装置の機能や作業環境の整備点検を行います。

市松模様

研削作業の不適当が原因のため、砥石を加工物に押し付けすぎない、砥石を柔らかく作用させる、研削液を大量に平均に供給するなどで対策します。

研粒のきず

結合度の柔らかすぎまたは砥粒の粗すぎが原因の場合は、細かい粒度あるいは硬い結合度の砥石を使用して対策します。ドレッシング不適当が原因の場合は、ドレッシングの切込み・送りを小さくします。

細かいネジ状のマーク

ドレッシング不適当が原因の場合は、ドレッサを取り替え、ドレス送りを小さく一様にかつ切り込みも小さくし、砥石回転方向に15度傾けて確実に取り付けます。最後のドレス送りは研削の送りと反対方向に。砥石の端面を丸めます。 研削作業の不適当が原因の場合は、砥石の端面が食い込まないようにするほか、テーブル送り速度を小さくするまたはストロークごとに多少変えることで対策します。研削抵抗が小さくなるような条件で研削し、秘削物が検索抵抗で傾かないよう振れ止めなどの数を増やす方法も有効です。

ネジ状の送りマーク

ネジ状の送りマークの原因ごとの対策方法は次の通りです。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら