QCDを満たす研磨会社セレクション » 【地域別】大阪・関西地域で研磨ができる会社を探す » 三重にあるおすすめの研磨会社

三重にあるおすすめの研磨会社

三重で活躍している研磨会社をピックアップして紹介します。依頼者のニーズに応えた研磨を提供しており、より高い品質を常に追求している企業ばかりです。それぞれの会社の特徴などチェックしてくださいね。

三陽工業

研磨会社の中でも名の知れた企業のひとつ。川崎重工業など大手との取引実績も豊富で、その高い技術力は確かなものです。創業時にはバイク部品を中心に業務を行ってきましたが、その時の経験によって発電用ガスタービンなど、数多くの製品製作に携わっています。

その業務を支える職人も約40名程度おり、それぞれが切磋琢磨しつつ技術向上を図っています。40名もいることで、作業もゆとりを持って取り組むことができ、人為的なミスが起こりにくい環境になっているでしょう。また、ゆとりがあることで追加の仕事も請け負いやすいといったメリットもあります。いざと言うときに顧客の要望に応えてくれる体制です。

対応領域:10

自動車部品、バイク部品、タービンブレード、ロボット部品、半導体、医療機器、航空機器、食品機器部品、金型、刃

三貴

バイクパーツの研磨を中心に、手作業によるバフ研磨を行ってくれる企業です。一つひとつの部品を丁寧に手作業で研磨することによって、細かな箇所まで磨いてくれるでしょう。また手作業の場合、ムラが出来やすいと言ったデメリットもありますが、三貴では長年培ったノウハウによってムラのない鏡面仕上げを実現。さらに傷の大まかな除去の荒磨き・表面を滑らかにする中間磨き・最後の仕上げ磨きと3つの工程に分けて研磨を行うため、美しさも長期間持続します。

バフ研磨を得意としているため、どんな形状のものでも磨くことが可能です。さらにアルミや鉄、チタンなど金属であれば何でも対応できる強みもあります。納期に対して不安や要望があれば、それに合わせて作業を進めてくれますよ。

対応領域:1

バイク部品

有限会社豊永

「地場産業・地域貢献」を重視した企業で、地域や社会に対し日々貢献することを大切にしています。研磨を一筋に行っており、きめ細やかな金属表面処理や研磨を実施。鉄やステンレスだけでなく、取り扱いが難しい真鍮など、あらゆる金属製品に対応しており、バリ取りや研磨など、依頼主のニーズに最大限近づけるように心がけています。自動車部品や家具部品など多くの製品の研磨を行っており、企業だけでなく個人からの依頼にも応えることが可能です。またバフ研磨や鏡面仕上げ、ヘアライン仕上げなどもできます。

また新サービスとして新たに「磨き屋+α」も実施。切れ味を再生させる刃物研ぎなども行っており、部品を少しでも長く使用できるようなアイデアも提案してくれます。

対応領域:2

自動車部品、刃

中村製作所

ISO9001の認定を取得した、世界水準のシステム管理を徹底している会社です。品質管理を行うために1ミクロン単位の測定検査も行える体制を実現し、検査書類も提示。さらに研磨室や検査室も、徹底的な温度管理がなされており、金属の伸縮も可能な限り起きないようにコントロールしています。「提案できる営業」を心掛けており、設計開発時には蓄積した技術をベースにして提案を実施。また旋盤やマシニング、研磨を一貫して生産することも行っているので、業務量軽減につながるでしょう。量産品を請け負う前に試作品を作成し、品質をチェックすることも可能。安心して依頼することができるように、様々なサービスを行ってくれます。精密部品加工・産業機械部品加工・工作機械部品加工などに対応していますよ。

対応領域:3

精密部品加工、産業機械部品加工、工作機械部品加工

株式会社ちなみ

昭和40年に設立し、メッキ専門の企業として地方の企業を中心に必要とされてきた会社です。2003年よりメッキだけでなく金属加工全般から表面処理に至るまで一貫して請け負うことができる会社へと成長を遂げました。小ロットから量産品まで対応可能で、様々な要望にもしっかり応えてくれるでしょう。バレル研磨においてISO9001を取得しているため、しっかりと品質の管理を行える体制も整っています。鉄・アルミ・ステンレスなどの加工を行っており、一括受注によって便利性・コスト・納期面で顧客側のメリットに繋がるはずです。メッキ加工においても豊富な経験を持っており、三重エリアにおいて最長・最重量のメッキ処理を施すことができるのは株式会社ちなみの強みでしょう。

対応領域:3

機械加工品、プレス加工品、ダイカスト品

GMT

研磨・塗装を中心に行っている企業で、研磨であればショットブラスト研磨・バフ研磨・振動バレル研磨に対応しています。そのため、表面処理後プロフェッショナルな塗装まで、一括で対応して欲しいというニーズを叶えることができます。

GMTの最大の強みは、防滑塗装でしょう。防滑塗装とはGMTだけが行っている塗装技術で、表面に塗料や高硬度鉱物を固着させる表面処理です。この塗装を行うことで緩みやズレ、滑りなどを防ぐことができ、自動車分野や産業機器分野に活かされています。ショットブラスト・バフ研磨・バレル研磨・塗装・シルク印刷・パッド印刷・カチオン電着・メッキ(樹脂・金属)・アルマイト処理など複数の表面処理を一括して請け負ってくれるでしょう。また塗料用治具の設計や製作も行っており、製品やデータに適した治具の制作が可能です。ピッタリの治具を使用することで、塗装の工程が短納期を実現できます。材質や形状に関わらず、小~中サイズの塗装を得意としている企業です。

対応領域:記載なし

上田研摩工業

昭和63年創業の「上田研摩工業」。半世紀以上にわたって、多様化するクライアントのニーズに対応するために日々研磨技術を研鑽しており、現在では「ヘアーライン研磨」「バフ研磨(鏡面加工・装飾品研磨)」「塗装下地研磨」のほか、「各種バリ取り」など、幅広い研磨加工に対応可能。結果、三重県内はもちろん、県外のクライアントからも信頼されるようになっており、バイクや自動車のパーツ、小物類、大量生産される製品の研磨加工などを手がけています。検品や発送作業も自社で対応することも可能。納期まで余裕がない案件はもちろん、そのうえ大量発注が必要な場合であっても、専門スタッフによってスピーディーに対応。県外からも大量発注を依頼することができるため、納期で困っている企業の担当者の方は、上田研摩工業を覚えておいて損はありませんよ。

対応領域:2

自動車部品、オートバイ部品

株式会社GMT

塗装会社として有名な「株式会社GMT」。1995年の創業いらい、高い塗装技術の研さんに努めており、現在では「防滑塗装」というGMTならではの塗装技術を有するほどになっています。研磨事業も展開しており、「バフ研磨」はもちろん、金属やガラスの粒などを空気圧によって吹き付けることで物体の表面を研磨する「ショットブラスト」、「バレル槽」を振動させる衝突摩擦によって研磨を行う「振動バレル研磨」など、高い研磨技術を誇ります。樹脂のバリ取りやサビ取りを依頼することができるほか、研磨後のメッキ加工にも高品質な仕上がりで対応できるところは、GMTらしいところと言えるでしょう。試作品1個からの依頼も受け付けてくれますし、他社では断られてしまった依頼でも課題に対して一緒に解決策を検討してくれますので、ぜひ相談してみてください。

対応領域:記載なし

記載なし

株式会社中村製作所

1969年に創業。「空気以外はなんでも削ることができる」というスローガンのもと、豊かな経験と確かな独自技術・ノウハウを提供している「中村製作所」。「削る対象をどの部分で固定するか」「刃はどの材質や形状のものを使用するのか」など、加工にあたってはすべての配合をいちから考えて施工。まさに、削りに関する新しい可能性を提供することまで見据えた、高品質な創意工夫を提供してくれるのです。特に、加工技術では「高精度な丸物の加工」に自信があり、社内に充実させている設備を活用して、様々なサイズの丸物加工が可能。そのほかにも、薄肉製品の高精度加工が得意、削ることが難しい製品にも5軸加工ができるなど、非常に高い技術力を有しています。品質管理では三次元測定器を使った精密検査を実施。非常に高品質な仕上がりでサービスを提供してくれます。

対応領域:記載なし

記載なし


【詳細はこちら】
ISO9001取得から見る技術力
【厳選】研磨会社3選

依頼するパーツから業者を探す

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら