QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨様式の種類を解説 » 電解研磨とは

電解研磨とは

ここではクリーンな表面処理技術として知られる、電解研磨の特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

電解研磨とは電気化学的に研磨する方法

電解研磨とは、特殊な電解液の中で研磨対象物に電気を流し、電気化学的に溶解させながら機械部品や工作機械を研磨する方法です。

電気分解すると金属陽極は溶解しますが、電気研磨はその原理を応用しています。また電解研磨はクリーンな加工技術としても知られ、焼けや汚れ、表面にできる加工変質層を発生させないのも特徴です。

とりわけ、凸部の優先的な溶解が行われるという点で、バフ研磨など機械的な研磨と性質が大きく異なります。電解研磨の目的は、仕上げ処理を行いやすくすること、表面の汚れを除去して見た目を綺麗にすること、そして光沢性と耐食性を付けることも含まれます。

物理的に研磨しにくいものも電解研磨なら可能

電解研磨を行うメリットは実に多くあります。以下に列挙しますのでチェックしてみてください。

電解研磨はクオリティにばらつきが出やすい

電解研磨にはメリットだけでなくデメリットもあります。それは以下の通りです。

電解研磨はメリットの多い技術ですが、同時にグレードの高い技術サービスを提供できる業者が限られていることが、課題といえるでしょう。

電解研磨で加工できる材質

電解研磨に適している材質は、ステンレスではSUS304(L)・SUS316(L)、チタンでは、Ti_2種・Ti_1種・Ti_JIS60種、その他、ハステロイC-22、アルミ等、通電できる金属部品に対応しています。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら