QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨を依頼する際の基礎知識 » 研磨の種類について

研磨の種類について

本ページでは、研磨にはどんな種類があるのかについて解説。代表的なものを中心にご紹介していきたいと思います。

そもそも研磨とは?

まずは今一度、研磨とはどんな作業なのかをおさらいしておきましょう。研磨とは簡単に言えば、ステンレスや鉄、アルミニウムなどの加工品の表面を磨き、汚れやほこりを落としながら、きれいに仕上げていく作業です。また部品を少しずつ削り、形状や寸法を細かく調整する作業が含まれる場合もあります。そのやり方は細かく分類するといくつもありますが、主なものは、以下の通りです。

機械による研磨

バレル研磨

筒状の機械に加工品と研磨剤を一緒に入れ、機械の筒部分を回転させることで、部品の表面を磨くやり方です。原理としてはドラム式洗濯機と同じです。数が多い小物を一度にまとめて研磨するのに適したやり方になります。

バフ研磨

表面が布状になっている部分が回転する、専用の機械を用いて行います。その布部分に研磨剤をつけ、回転させながら加工品を磨いていきます。表面を美しく見せたい場合に適した方法で、例えばオートバイのエンジン廻りの部品などに多く行われています。

電解研磨

電気を通す性質のある「電解研磨溶液」という液体の中に加工品を入れ、電流を流すことで研磨するというやり方です。削って表面をきれいにするのではなく、加工品の表面の一部を溶かすことで滑らかにする方法です。細かい凹凸もきれいにすることができ、ステンレスやアルミニウム素材に適しています。

研磨の種類(様式)についてもっと詳しく

手作業による研磨

砥石(といし)での研磨

原理としては、ご家庭で包丁を研ぐやり方と同じです。手作業で丹念に行うことで、古くなった刃物などの金属を甦らせます。また刃物意外の加工品にも行われますが、その場合は金属の種類や加工品の形状に合わせて砥石を変え、磨き方も変えていくという職人技で行われます。

紙やすりでの研磨

日曜大工やDIYがお好きな方にはお馴染みですね。サンドペーパーとも呼ばれます。表面の粗さによって番手が違い、100番以下は粗め、数字が多くなるほど細かくなっていきます。主に木材用ですが、金属やプラスチックなどに適したものや、耐水ペーパーという水を使いながら磨く用のものもあります。

実績・評判◎の研磨会社を見る

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら