QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨を依頼する際の基礎知識 » 焼け取り

焼け取り

このページでは、焼け取りについてわかりやすく説明しています。スケールと呼ばれることもある「焼け」。これを除去する工程が必要である理由のほか、焼け取りをおこなうための2つの方法「電解研磨」と「酸洗い」について、それぞれみていきましょう。

焼け取りとは

金属に、溶接やワイヤーカット、レーザーなどの加工をおこなうと、表面に焦げたような跡が残ります。これは「スケール」とも呼ばれる「焼け」のことです。そして、焼けを除去する作業がいわゆる「焼け取り」です。

焼け取りの必要性

焼けが発生すると、ワークである金属素材がもつ本来の色から変色することになります。ですから、そのままにしておくと外観のよさが低下してしまいます。

さらに問題はそれだけではありません。ステンレスの場合、表面には不働態被膜という薄ながらも頑丈な膜があるのですが、焼けは、この膜を壊してしまいます。不動態被膜には腐食を防止する効果があるのですが、それが機能しなくなるということは、焼けが発生している部分から、腐食が始まる可能性を高めてしまうことを意味します。

焼け取りの方法

焼け取りをおこなう際、ステンレスワイヤーブラシやスチールワイヤーブラシ、あるいはサンダーなどをかけるだけでは、不十分であることをおさえておきましょう。

こういったアイテムで表面に研削をおこなえば、一見したところとでは、とてもきれいに仕上がります。けれども、実際には表面の不働態被膜が破壊されてしまいます。表面への不動態処理も、もちろんできていない状態のままです。しっかりと焼け取りをおこなうためには、次のように「電解研磨」あるいは「酸洗い」が必要です。

電解研磨

電気化学的方法である電解法は、交流法と直流法の2種類があります。さらに、使用する電解液によって、中性電解法と酸性電解法とにわかれます。

交流法と直流法

交流法は溶解力が低く、不働態皮膜をこわしてしまうので、不動態化処理をあわせておこなうことが求められます。一方、直流法であれば、不働態化の効果が得られるため、その点ではおすすめです。

中性電解法と酸性電解法

中性塩電解液を使っておこなう中性電解法は、安全性の高い電解法だといえます。とはいえ、そのぶん焼け取り速度が落ちてしまうことが原因し、有害な六価クロムを溶出してしまうので、注意が必要です。また、酸性電解法の場合は、酸性の電解液を扱わなくてはならないため、安全面を考え、酸性液の充分な水洗いが求められます。ただ、焼け取りの速度が上がるので、六価クロムの溶出をおさえられるというメリットはあります。

酸洗い

硫酸や塩酸といった強酸に、鋼材を漬け込んでおこなう焼け取りの方法です。この酸洗いの方法であれば、焼けだけでなく汚れや錆びなど、さまざまな不純物を取り除くことが可能です。注意点としては、面の仕上がりがつや消しの状態になります。そのため、光沢を出したい製品の場合には、別の焼け取り方法を選択する必要があります。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら