QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨様式の種類を解説 » 化学研磨とは

化学研磨とは

ここでは研磨処理技術の一つ、化学研磨の特徴やメリット・デメリットについて詳しく紹介しています。

化学研磨は化学反応を利用して研磨する

化学研磨では、化学研磨液と呼ばれる特殊な液を熱し、化学反応を発生させた上で液中に対象物を浸漬させ、表面を溶かしながら研磨処理します。

溶解された対象物表面はクリーンな状態になり、平滑化され光沢性が生み出されます。化学研磨は化学研磨薬品による処理であり、電気を使わないため、バリが発生したり元の表面が残ることはありません。また通電しない分、比較的ローコストでの処理が可能です。

一方で、複雑な形状のステンレス表面を高密度で処理することもでき、異物やスケール除去、洗浄にも化学研磨は適しています。

化学研磨は機械研磨だと難しい処理をこなせる

化学研磨を行うメリットは実に多彩です。極薄板製品や加工形状製品のバリ取り・キズ取りなど、機械研磨では難しい処理が行えることや、それらの処理を同時かつ大量に処理できるのは化学研磨ならではのメリットです。

また、製品の要求に合わせて様々な処理条件の管理を行うことができ、ミクロン単位レベルでの研磨量の調整も可能です。対象物の重量や厚みをコントロールするのは容易ではありませんが、化学研磨ならそれができます。

さらに、機械研磨に比べて加工変質層が発生しないことや選択性がないことも利点でしょう。化学研磨の場合、対象物を液に触れさすことができれば、位置や形状に関係なく均一に研磨処理することができます。そして一度に大量の製品を処理できるため、生産効率が良く、ローコストで済むところも大きな長所です。

化学研磨のデメリット

化学研磨のメリットである選択性がないという特徴は選択性がないことにより、対象物表面が凸凹してる場合は凸凹を平坦化することが難しくなるため、一方ではデメリットでもあります。

また電解研磨に比べて耐食性の向上が劣るという短所もありますが、これについては、化学研磨後に不働態化処理することで問題をクリアし、耐食性を向上させることができます。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら