QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨を依頼する際の基礎知識

研磨を依頼する際の基礎知識

本カテゴリーでは、研磨作業を専門業者に依頼したいとお考えの方向けに、予め知っておきたい各種の知識を取りまとめてご紹介しています。

そもそも研磨作業というものは、工業製品の製造に深く関わっていらっしゃる方でなければ、なかなか馴染みのないものです。どんなことにも言えますが、経験のない分野に踏み出す際には、事前にある程度の知識を得ておくことが大切です。まずは以下の項目について、ぜひ知っておいてください。

コストはどれくらい

率直に申し上げますと、研磨作業の料金というものは、すべての場合において、ケースバイケースであり、相場がいくらとははっきり言えません。例えば同じ作業を依頼したとしても、A社は6,000円以上、B社は3,500円程度といったことが起こり得ます。また料金の安さ“だけ”で選んでしまうのも避けるべきです。大切なのは、料金と仕上がり品質のバランスが取れているかです。

研磨の種類について

簡単に言えば、研磨とは加工品の表面を磨き表面をきれいに仕上げることです。しかしその方法は実に様々。細かく分類するといくつもありますが、主なものは、専用の機械を用いるバレル研磨や液状の研磨剤を使うバフ研磨。電気を通す液体に加工品を浸して電気を流すことで行う電解研磨。そして比較的馴染みのある砥石やサンドペーパーを使った手作業による研磨などがあります。

番手とは

日曜大工やプラモデルなどで使うサンドペーパーに示されている番号が、まさに研磨の番手です。研磨加工を行う際に使う研磨剤の粗さや細かさを表す数字であり、番号が小さいほど粗くなり、小さくなるほど細かくなります。ただし、どの作業をどの番手で行うかは様々な要素を基に判断する必要があり、依頼する業者によっても対応できる領域が異なってきます。品質の高い仕上がりを希望するのであれば、品質マネジメントシステムの国際規格である“ISO9001”を取得している業者かどうかを、判断基準とするとよいでしょう。

バリ取りとは

金属や樹脂などの素材を加工する際に現れるのが、バリです。放置すると製品の動作部への悪影響や、加工する人や製品を購入したユーザーに怪我を負わせる可能性があるため、現在では設計図面に必ず「バリなきこと」と記載されています。バリ取りを専門の会社に依頼する場合、会社の技術や所有している機器により仕上がりが変わります。仕上がりの良し悪しは品質に直結するため、依頼する場合は、バリ取りに関する実績や機器の有無などを事前に確認しておきましょう。

研磨会社ごとの技術力の比較方法

素材の研磨精度の高さは、製品の品質の高さにも関わります。研磨会社ごとに技術力が異なるため、技術力の高い会社をどう選ぶべきか悩む人は多いはず。高い精度で研磨をする会社をどう選ぶべきか、押さえておくべきポイントをまとめています。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら