QCDを満たす研磨会社セレクション » 【部品別】研磨ができる会社を探す » 航空部品

航空部品

航空機部品の研磨、特徴や依頼できる会社は?

本ページでは航空機部品の研磨について取り上げ、特徴や依頼できる研磨会社などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

研磨を必要とする主な航空機部品

筆頭に挙げられるのはジェットエンジンのタービンブレードやタービンノズル。プロペラ機であればプロペラとその関連部品。機体部分では各種ボルトやベアリング類など。また着陸・離陸の際に不可欠な降着装置――車輪とその脚部分なども重要な部位。

これらの摺動部品や回転部品など、なめらかに動くことを求められる部品や、強度を求められるで、研磨が必要となります。

また意外なところでは、旅客機のキャビン内で乗客がシートから立ち上がる際に掴む取っ手などの依頼もあるそうです。

航空機に使用される部品数は、機体によって微妙に異なります。一般的には概ね100万点から200万点とされており、大型の航空機になると200万点以上の部品が使用されることも。ちなみに、自動車で使用される部品はおよそ10万点とされています。この数字と比較しても、飛行機には非常に多くの部品が求められることがわかります。

多くの認証を得てはじめて送り出される部品

航空機の部品は、他の部品と比べると特殊な点が多いのも特徴。とくに納入形態や認証形態の厳しさは有名です。納入するまでに多くの認証が必要になります。

航空宇宙・防衛産業の品質管理に関する規格「AS9100」や「AS9100」のほか、各メーカーごとに設置されている独自の認証制度など、多様な認証制度をクリアしてはじめて航空機の部品に使われるようになるのです。

国際的な認証制度「Nadcap」とは

航空機業界の認証のなかで、とくに影響力の大きい認証のひとつが「Nadcap」です。Nadcapとは、国際的な認証プログラムのこと。アメリカの非営利団体「PRI」が定める、航空宇宙産業独自の認証制度です。部品に施される特殊工程作業を評価し、品質を査定するのが目的です。

Nadcapでは部品の化学処理や熱処理、非破壊検査など計10以上の工程が定められているのが特徴。さらに監査員が実際の現場を視察する「ジョブ審査」も設けられています。審査は非常に厳しく、認証取得をしても1年~1年半で効力が切れてしまうのが特徴。認証を長く保有するには継続的な品質管理を行ない、認証制度をパスする必要があるのです。認証を取得した企業は、機関のウェブサイトから確認できますよ。


航空機部品に対応できる研磨会社をご紹介

三陽工業

三陽工業は、2019年3月に創業40年を迎えた老舗の研磨会社。オートバイ大手のカワサキの部品をはじめ、ガスタービンのブレードや食品用機器、美容医療機器など幅広い種類の部品研磨に対応しています。品質マネジメントシステムの国際規格 “ISO9001”を取得しているのも特徴。「顧客重視」「改善」「関係性管理」など計7つの品質管理原則に基づいた品質管理の証です。これらの基準のもとに作業が行われているため、クオリティ重視の仕上がりが期待できます。

大堀研磨工業

大堀研磨工業は、航空機の部品を筆頭にロボットや医療機器などの部品研磨を得意としている研磨会社です。さらに“ISO9001”ならびに“JISQ9001”を取得済み。これらは品質マネジメントシステムの1つで、品質保証や顧客満足度の向上などの要項が盛り込まれています。大堀研磨工業ではISO9001、JISQ9001が掲げる要項に沿い、作業の全工程で品質管理に目を光らせています。

KANO PRECISION

創業半世紀以上の歴史を持つ研磨会社です。平面研磨を得意としており、全国からの依頼に対応可能。ステンレスはもちろん、チタン研磨やロータリー研磨などさまざまな研磨に対応しているのが大きなポイントです。刃物やナイフを扱うメーカーや、自動車業をはじめとする精密機械を扱うメーカーなど、幅広い業種からの依頼に応えてきたので経験豊富。鋼材や一般工作機械、車両部品などの研磨を手掛けています。熟練の研磨職人が多数在籍していることも大きな特徴です。

小林研磨工業

「手作業の研磨でないとできない仕事がある」とし、手作業が必要な樹脂研磨にも対応する研磨会社です。もちろんベルト研磨やバフ研磨も請け負っています。研磨のほか、鍛造から溶接、機械加工、鋳造など各工程の作業にも対応。ステンレスをはじめ、鉄やチタン、アルミ、アクリル、セラミックス素材などさまざまな素材の加工を依頼できます。専門資格を取得している技能士も在籍しており、知識・経験ともに豊富な職人が多く在籍しているのもポインでしょうト。

超精密大明

超精密大明は、大阪府東大阪市に拠点を置く研磨会社です。幅2,500mm×長さ4,000mmという大型部品の加工から、手のひらに収まるような小物部品の加工まで対応してくれるのが特徴。平面研削・研磨の技術を追求し続けています。金属全般の研磨加工はもちろん、カーボンやセラミックスなど加工できる金属の種類が豊富な点も魅力。主な実績分野として、自動車部品や航空機部品、液晶・半導体などの精密機械部品が挙げられます。

株式会社放電精密加工研究所

株式会社放電精密加工研究所は、1961年創業の老舗研磨会社です。電気エネルギーによって金属を加工する技術「放電加工」のパイオニアとして、さまざまな依頼に対応。放電加工の分野において、業界をリードしています。各種金属の研磨加工をはじめ、自動車部品の研磨加工、航空機エンジン部分の研磨加工などを請け負っています。研磨加工のほか、各種金型の製造や、セラミックスの押出用金型の製造を行なっているのも特徴です。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら