QCDを満たす研磨会社セレクション » 【部品別】研磨ができる会社を探す » ベアリング

ベアリング

ベアリングとは

機械部品などが回転をする際、必ず摩擦が生じます。その摩擦をできる限り小さくする役割を果たす部品が「ベアリング」です。ベアリングは「軸受」とも呼ばれ、回転する軸を支えるための重要なものになります。

ベアリングは、自動車をはじめ、航空機、発電機、冷蔵庫、掃除機、エアコンなど幅広い機械に用いられています。たとえば自動車であれば100~150個以上のベアリングが使用されており、もしもベアリングが欠けてしまえばスムーズな走行すら困難になってしまうでしょう。ベアリングは私たちの生活にとって必要不可欠なモノと言えます。

ベアリングは大まかに大小2つの軌道輪とその間にある転動体、そして転動体同士の距離を保つ保持器から構成されています。仕組みとしては、内側の小さい軌道輪(内輪)と外側の大きな軌道輪(外輪)がそれぞれ自由に回転し、その間の転動体が転がり、回転における摩擦を軽減する、となっています。ベアリングの目的は摩擦係数を低減することですので、これらの部品同士の摩擦も減らさなければなりません。ですので、ベアリングの精度と研磨は非常に大きな関わりがあります。

ベアリングの種類

ベアリングにはおおまかに、「転がり軸受」と「滑り軸受」の2種類があります。

転がり軸受は、内輪と外輪の間に球体やころ(ローラー状の部品)といった転動体を用いるものです。玉やころが転がることで、摩擦の抵抗を小さくしています。転がり軸受は高速の回転に強いため、自動車や航空機に使用されていることが多く、高精度な働きを求めるようなシーンで用いられています。

一方、滑り軸受は転動体がなく、空気の層やオイルを利用して摩擦を低減させるものです。軸の動きを点ではなく面で支えるため、振動に強い傾向があります。さらに簡易的な構造のため、小型化が図れるなどの特徴も。これらは主にエンジンなどに用いられます。

ベアリングに対応できる研磨会社

羽田研磨

芝刈り機の刃の研磨から開始した企業で、今では精密機器の加工や研磨なども実施しています。特にベアリングの内径を研磨する工具、「スピンドル」やゲージ類の研磨を得意としており、ミクロン単位での精密な研磨に対応可能です。

また迅速な対応に心掛けているのも特徴のひとつ。研磨機の台数も多く保有しており、ノルマを守るだけでなく、最大限スピーディに対応できる環境を整えています。ステンレスだけでなく、鉄やカーボンなど多種多様な種類の研磨も実施してくれるでしょう。

さらに黒染めやテフロンコーティングなどの表面処理にも対応。素材に対して熟知しており、研磨だけでなくメッキも実施してくれます。

KANO PRECISION

ベアリングの内輪・外輪、ピストンリングなどの平行な両面を同時に研磨する「両頭研磨」に対応している会社です。

50年以上、ステンレス研磨を専門として取り扱っており、最新鋭の設備が揃っています。そのためこれまでの経験やノウハウによって難しいとされる研磨にも対応することができます。たとえばマグネットに付着しないような部品であっても両面研磨を実施することも可能。また研磨が難しいと言われているチタンも実施してくれますよ。

これらの難しい研磨にも対応しているからこそ、月間200件余りもの問い合わせや相談が来るのでしょう。

加藤研磨製作所

加藤研磨製作所ではクロスローラーベアリング試作品の加工実績があります。その事例では、内外輪の隙間を0.001mm単位で調整したとのこと。

加藤研磨製作所は荒川区で50年以上もの間、研磨事業を続けている会社で、経験豊富なベテランの方から若手の方まで職人として在籍しています。今までに培った経験や実績だけに頼るのではなく、若手の柔軟な発想も取り入れながら研磨技術を日々追求しているようです。鍛練された技術を若手に指導しているため、今後も長きにわたって関り続けることができる会社と言えましょう。

バフ研磨とステンレスの電解研磨を実施しており、バフ研磨が難しい線材や網、カゴなどの素材も電解研磨によって研磨可能です。さらにヘアライン研磨にも対応しており、研磨のことなら、何でも相談できますよ。

小西製作所

1934年に創業しており、約半世紀にわたってベアリングや研磨に携わっている企業です。ベアリングにおいては「MRK」というボールベアリングが有名で、業界の中でも高い品質があると熟知されています。自動車部や電化製品、飛行機など幅広い産業界で使用されているようです。

ベアリングの製造過程によって培われた研磨技術も評判が高く、平面研磨・外面研磨・内面研磨などの研磨に応じてくれます。200以上の研削盤を所持しているため、その中からニーズに合ったものを選択。ベトナムにも工場を構えており、日本国内だけにとどまらず世界的にも活躍している会社と言えるでしょう。

三光精密

約60年にわたってベアリングの追加工を一筋で行っている会社です。品質の高さが認められており、大手企業との取引が多いのも信頼できるところ。ベテランから若手まで幅広い年齢層の職人が務めており、切磋琢磨しあいながら日ごろから技術アップに務めています。また積極的に設備投資を行っており、あらゆる要望に応えられるような体制を整えているのも魅力的な点です。さらに15年間データを保管しているため、リピートをしたい時やトラブル時にも迅速に対応してくれるでしょう。

三和ニードルベアリング

宇宙や航空業界分野で求められるサブミクロンの超精密研磨に対応している会社です。とくに精密シャフトにおいては自動車や家電、産業機械で用いられており、世界でトップレベルの精度や生産性を誇っています。自社で保有している設備の半数は、自社によって開発されたものです。そのため従来の設備では対応が難しい場合でも、自社で機械を開発し、顧客の希望に沿ったものを製品化し安定供給を実現できるでしょう。

また月間100万本の量産品から試作品、少量品まで対応可能。少量品であれば自社で専用のラインを設置し製品開発にあたってくれます。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら