QCDを満たす研磨会社セレクション » 【素材別】研磨ができる会社を探す » サファイア

サファイア

サファイア

この記事では素材としてのサファイアにフォーカスし、研磨加工に対応できる会社の紹介やサファイア製品の種類、研磨方法などについて解説します。

サファイア製品に対応できる研磨会社

沼田光器株式会社 

昭和35年創業の沼田光器株式会社は、長い歴史と豊富な実績を持つ研磨加工会社です。サファイアガラスの成型や研磨加工を得意とし、半世紀に渡り受け継がれてきた職人の技を土台に、真心を込め、愛情と情熱を持って加工処理を行っています。また対応力が広く、顧客のニーズに合わせた最適な方法を提案できるのも沼田光器の強みです。

アダマンド並木精密宝石株式会社 

国内のみならず海外にも生産拠点や営業拠点を持ちグローバルな事業活動を行っている、アダマンド並木精密宝石株式会社。工業用宝石部品をはじめ、光通信部品、DCコアレスモーター、医療装置、精密部品まで、幅広い分野の製造・販売を行っています。常にハイクオリティな加工処理技術を提供できる当社の特徴は、固有技術と先端技術をバランスよく融合させていることです。

株式会社 秋田研磨工業

秋田研磨工業は、サファイア研磨の加工技術で豊富な実績と経験を持つ、秋田発の研磨加工会社です。「研磨技術で21世紀」をスローガンに研究、開発、技術サービスの提供を続け、基板サファイア研磨、サファイア無反射コーティング、サファイア蒸着、新素材研磨テストなど、様々な分野で実績を残しています。43年間の研究開発で培った匠の技術を擁し、高精細かつ真心のこもった技術力には一切のブレがありません。

研磨を要する主なサファイア製品

サファイアは自然素材の一つですが、近代技術を用いて人工的に加工を施しつつ、都合に合わせた様々な製品に仕上げることができます。素材だけを購入する機会は少なくても、製品としてあらゆる機会にお目にかかるのがサファイア製品です。

例えば、半導体用基板やLED基板、プロジェクターや光デバイス用基板など、精密機器と光学機器分野では研磨されたサファイアが存分に活用されています。

他にも、グラスや皿など宝飾造形品、シャーレ、ルツボ、チューブなど耐食性容器、内視鏡向け窓材、歯科レーザー向けロッド、検体検査用フィルターなどの医療分野、エッチング装置やアッシング装置など半導体製造装置用部品にも生かされているなど、サファイア製品は様々な分野で活躍しています。

加えて、高級腕時計用窓材、アルミナコート用着材、赤外線透過用窓材、キズ防止窓材に至るまで、各分野・業界で引っ張りだこのサファイア製品です。

サファイア研磨とは

各分野で活用されているサファイア製品の状況を考えると、サファイア研磨の目的は明らかです。それは、素材としてのサファイアを様々な目的、用途に合わせて表面加工処理することです。

用途としては、各種製造工程で必要となるサファイア基板など工業用途から、宝石としてのサファイア研磨、腕時計のカバーガラス、高圧タンク、検査冶具、研究・実験装置部品など、多岐に渡ります。これだけの多分野でサファイア製品が活躍できるのは、素材としてのサファイアが頑丈で耐久性が良く、傷が付きにくくて用途が広いからです。

サファイア研磨は、素材の持ち味をさらに引き出して高めるための作業になります。研磨方法は用途、形、サイズに合わせて様々な方法が用いられますが、ダイヤモンドパウダーを使ったラップ研磨や、化学薬品を用いての化学研磨、研磨機を使用しての機械的研磨など、多彩な方法があります。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら