QCDを満たす研磨会社セレクション » 研磨様式の種類を解説 » 円筒研磨とは

円筒研磨とは

度の高さが重要なポイントとなる円筒研磨。平面研磨と並んでよく知られた研磨法です。

このページでは、円筒研磨の特徴のほか、3つの異なる加工法について紹介しています。円筒研磨のメリット・デメリットも併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

円筒研磨とは

円筒研磨は、円筒状の工作物の外面を研磨する加工法。専門の機械を用いて作業を行い、工作物の表面の高い仕上がりの実現が魅力的です。

円筒研磨は、円筒状の工作物の表面を「ほぼ完全に凸凹がない状態」にする必要がある場合に適しています。そのため、寸歩精度が求められる場合でも充分に対応できる加工法だと言えるでしょう。

加工の流れとしては、工作物の横軸を固定したうえで、螺旋番同様に回転運動をかけていきます。焼き入れを施した鋼鉄やクロムメッキといった硬さがある工作物の処理ができるだけでなく、CBN砥石やダイヤモンド砥石を使用することで、ほぼすべての材料への研磨加工が可能です。

円筒研磨のメリット

工作物の横軸を固定しながら作業を行えるため、安定感に優れ、高い加工精度が魅力です。固定をしているため、工作物に溝がある場合でも問題なく研磨が可能です。

また、最近は、円筒状の工作物の外側だけでなく内側も研磨を行える「万能研削盤」が登場。このような便利な機械を導入することで、より自由度の高い加工ができるようになりました。

円筒研磨のデメリット

円筒研磨のデメリットとして挙げられるものは、生産性の面ではやや劣ると言うことです。加工の工程において、工作物を機械に装着したり外したりする手間が発生するほか、機械操作にも時間がかかります。そのため、大量生産には不向きであると言えるでしょう。

円筒研磨による3つの加工法

円筒研磨には、次のように3つの加工法があります。

トラバース研磨

工作物を軸方向に移動させながら研磨を行う方法です。工作物を軸方向に往復できるため、加工面のなめらかさの精度が高くなることが特徴です。

また、最近は「砥石台移動型トラバース研磨」という方法を導入するケースも増えています。工作物ではなく砥石台を移動させるため、工作物の重量が大きい場合に適した方法だと言えるでしょう。

アンギュラ研磨

コマ型の砥石を利用する方法です。コマ型の形状を活用して端面に凹みの作成が可能で、一般的な円筒研磨では難しい加工にも対応できます。

また、側面の一括加工が可能なため、生産性という観点においては、通常の円筒研磨と比較しても優れていると言えます。

プランジ研磨

砥石か工作物のどちらか一方を、砥石の半径方向へ移動させて加工を施す方法です。工作物の長手方向への往復運動は与えずに、切込方向の運動だけを与えて研磨する加工法です。

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら