QCDを満たす研磨会社セレクション » 【素材別】研磨ができる会社を探す » 樹脂

樹脂

樹脂の特徴や、研磨の技術はいかに?

本ページでは樹脂について取り上げ、素材としての特徴や研磨に必要とされる技術などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

樹脂とは本来、植物などから抽出される物質で天然ゴムなどが代表格ですが、工業製品の世界では、人為的に製造された合成樹脂を意味するのが一般的となっています。なかでも一般的に馴染み深いのはプラスチック類ですね。また軽量で強度の強いドライカーボンも正式には「炭素繊維強化プラスチック」といい、プラスチックとカーボンの合成樹脂になります。その他にもアクリルやポリカーボネートなどの素材も、工業製品として用いられることが多くなっています。それら合成樹脂製品の中でも、研磨を要する部品としては、以下のようなものが挙げられます。

研磨を要する主な樹脂製品

自動車やオートバイ部品の場合は、ヘッドライトやブレーキランプ、ウインカーレンズなどの灯火類が代表格。またカスタムパーツとして人気のドライカーボン製サイレンサーも多くなっています。さらには高性能なレーシングマシンの外装パーツにもドライカーボンが用いられています。装飾品ではブローチやピアスなどに樹脂が使われており、医療器具も、アクリル、ポリカーボネートなどが多数使用されています。また航空自衛隊の戦闘機のコックピットを覆う透明な風防もポリカーボネート製です。

樹脂製品に対応できる研磨会社をご紹介

三陽工業

オートバイ大手のカワサキや発電用ガスタービンなどの実績多数。品質マネジメントシステムの国際規格 “ISO9001”取得しています。金属類はもちろんのこと「液体状でない部材ならどんなものでも研磨可能」としており、樹脂類も幅広く請け負っています。

小林研磨工業

「手作業の研磨でないとできない仕事がある」とし、手作業での樹脂研磨にも対応。とりわけ樹脂類のなかでも研磨が難しいとされるポリカーボネートを透明な状態に研磨できることを大きくアピールしています。もちろんベルト研磨やバフ研磨で金属類も請け負っています。

超精密大明

幅2,500×長さ4,000mmの大型部品から手のひらサイズの小物部品まで対応。ステンレスやアルミはもちろんのこと、樹脂であるカーボン類、さらにはセラミックスも対応可能としています。

   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら