QCDを満たす研磨会社セレクション » ステンレスに対応する研磨業者一覧 » ハルヤマ研磨工業

ハルヤマ研磨工業

匠の技で独自の超鏡面加工方法を開発「ハルヤマ研磨工業」

ハルヤマ研磨工業は1966年に創業してからステンレス研磨を中心に多くの実績と経験を積んできた会社です。「超鏡面加工技術ナノミラー®」など匠の技で新たな価値を生み出し、常にお客様の立場に立って社会に必要とされる企業を目指しています。

ハルヤマ研磨工業の特徴

ハルヤマ研磨工業公式HPキャプチャ
引用元:ハルヤマ研磨工業公式HP(http://www.haruyama-kenma.co.jp/)

多数の実績を誇る研磨技術

ハルヤマ研磨工業は創業53年、バフ研磨を中心に実績を重ねてきました。装置産業関連の研磨や特殊溶射金型の研磨など多種多様の実績があり、これまでに様々な製品・材料の研磨の技法を開発しています。

近年ではナノレベルでできるハルヤマ研磨工業独自の研磨加工「超鏡面加工技術ナノミラー®」を確立。金属箔、スリーブ、ニッケル電鋳ロール、アルミロールなどに用いられています。

より多くのニーズに答えられるよう新しい技術を開発

さらに、鏡面加工だけでなく剥離性の向上も期待できる表面処理技術「ディンプルミラー®」も開発中です。こちらはショットピーニング加工ロールの補修やタンク内壁面、マット仕上げなどに利用されています。

ハルヤマ研磨工業は、「研磨技術の向上」「お客様本位の企業文化」「精密研磨の質における他者との差別化」を理念として掲げています。顧客の多種多様な期待に応えられる様、徹底して技術の向上に努めている企業です。

対応可能部品

ステンレスシンク、化学プラント、食品、医薬品プラント、プラスチック成形加工など

対応できる研磨

鏡面加工(バフ研磨・電解電解砥粒・複合化学研磨技術・鏡面ロール補修技術・部分メッキ肉盛補修技術・「超硬合金溶射表面」の鏡面加工技術・機能表面創出加工技術)、「超鏡面加工ナノミラー®」(金属箔・スリーブ・スチールベルト・ロール)、「粗面加工ディンプルミラー®」など、高度な研磨を行う技術力があります。

研磨実績

大型の設備や装置を必要とする装置産業での化学反応槽・各種容器の内面研磨仕上げ、製造装置の主要となる特殊溶射金型の鏡面研磨加工など、その実績は豊富です。

取引先企業

ハルヤマ研磨工業の取引先企業は、ネット上では公開されていませんでした。

ハルヤマ研磨工業の口コミ・評判

ハルヤマ研磨工業の口コミ・評判の声は、ネット上では見つけることができませんでした。

ハルヤマ研磨工業の会社概要

所在地

〒270-2214 千葉県松戸市松飛台286-3

設立

1966年10月

資本金

1,000万円

安心して任せられる

研磨会社3選

  • 三陽工業

    対応領域

    8

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    川崎重工業/三菱重工業/ダイハツ工業/日産自動車/ブリヂストン/三菱日立パワーシステムズ

    実績を
    公式HPで見る

  • 大堀研磨工業所

    対応領域

    5

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    オークマ/ヤマザキマザック/コマツNTC/川崎重工業/三菱重工業

    実績を
    公式HPで見る

  • 東京ステンレス研磨興業

    対応領域

    4

    自動車部品
    バイク商品
    航空部品
    医療機器
    食品機器
    産業ロボット
    建築資材
    翌日納品

    ISO取得

    取得あり 取得あり

    主な取引先

    公式サイトに記載なし

    実績を
    公式HPで見る

※ISO9001認定を取得、公式サイト上に研磨事例が掲載されている会社の中から、対応領域の種類が多い3社を選定(2021年6月調査時点)
※情報参照元:三陽工業(https://sanyou-ind.co.jp/company/)、大堀研磨工業所(http://www.ohorikenma.co.jp/quality.html)、東京ステンレス研磨興業(http://www.tskenma.com/company/history.php

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら