QCDを満たす研磨会社セレクション » ステンレスに対応する研磨業者一覧 » KDT

KDT

もともとプロセスガス流路直管内面研磨を専門としており、2011年に法人会社として立ち上げられた新興の金属表面鏡面研磨会社です。自社製による高性能の自動研磨機と、育て上げられた若い職人たちの活力を強みに、高品質の超精密鏡面研磨技術を提供しています。

KDTの特徴

 KDT HPキャプチャ
引用元:KDT HP(https://kdt-japan.co.jp/)

様々なパーツに対応した超精密鏡面研磨技術

KDTは2020年3月現在で2011年創業と、比較的新しい研磨会社です。しかし独自の技術で編み出した金属内面鏡面研磨は、老舗と比較しても引けを取らない領域に達しています。会社独自の自動研磨機と職人たちの高度な技術により、数々の細微部品を手掛けられる会社です。

特にもともとはプロセスガス流路直管内面研磨を専門としていただけあり、内面研磨は直径1mm以下の小さな流路にも対応。リング型のパーツでも自社開発のオリジナルツールによって滑らかに磨き上げる事が可能です。また、複雑な形状のパーツでも熟練の職人が一つひとつ手作業を施し、問題なく仕上げることが出来ます。

後工程を必要としない低コストのサービス提供

クライアントのコスト削減を目指しており、その研磨品質は電解研磨・化学研磨などの後工程を必要しない場合もあるレベルにまで達しています。

さらに納品前の検査には決して手を抜いておらず、徹底した品質管理によって研磨技術の品質を維持しています。品質の保証によるコスト削減であり、熟達した職人による手作業だからこそ可能なサービスです。

また、これらの研磨は高いレベルではありますが、手作業の必要がない場合は自動研磨機を用いるため、低コストでの納品も可能です。

少子高齢化に伴う「職人の減少」への対策

国内の少子高齢化に伴い年々減少を続ける「職人」の人口に対応すべく、将来有望な若い職人たちの育成に力を注いでいるのも特徴。

さらに、鏡面研磨機の「自動化」によって、人の手が不足している状況でも精密研磨が可能にしています。

KDTの
研磨可能な部品一覧

部品の詳細は記載されていませんが、公式HPの「事例・実績」において実際に研磨した微細部品の一例が画像と共に掲載されています。微細部品の大まかな特徴のみですが、実例の一部を記載します。

対応できる研磨領域

バフ研磨・精密・微細部品の内外面鏡面研磨仕上げ

研磨実績

実績の詳細は公表されていませんが、公式HPの「事例・実績」において微細部品に超精密鏡面研磨・バリ取りを施した実例が掲載されています。

KDTの主な取引先企業

KDTの取引先に関する企業情報は公表されていません。

KDTの口コミ・評判

KDTの口コミ・評判は見つかりませんでした。

KDTの会社概要

所在地 大阪府東大阪市大蓮東3-15-4
設立 2011年11月11日
事業所 大阪工場以外に事業所はありません。
   

研磨を依頼したいパーツを選んで、おすすめの研磨会社をチェック

パーツに対応している

代表的な研磨会社はここ!

他のパーツを確認する

安心して任せられる研磨会社3選詳細はこちら